キツい肩こりは揉まずに伸ばしたほうがいい

効果的なストレッチ方法を知っていますか

つらい肩こりは揉まずに伸ばしましょう!(写真 :Graphs / PIXTA)
この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

最近では、若い人でもスマホやパソコンの見すぎで肩こりに悩んでいる方が多いと聞きます。肩がこったら、肩を揉む。

肩揉みすれば、コリがほぐれて肩こりが解消される……。実は、あながちそうだとは言えないようなのです。

実は、こった肩の筋肉を揉んでも、こりの本質的な解消にはあまり意味がないんです。今まで、肩こりは肩の筋肉が凝ることで引き起こされると考えられていましたが、最近の研究では、そうではないことがわかっています。

揉んでも解消されない?  肩こりの本当の原因

では、肩こりの本当の原因とはいったい何なのでしょうか? それは肩の筋肉を包んでいる「筋膜」と呼ばれる薄い膜。この筋膜が偏ったり、くっついたりしてしまうことで、肩の筋肉が引っ張られてしまうことが肩こりの原因なのです。

次ページ筋膜を伸ばすストレッチで、肩こり解消!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。