年末までにやりたい「トヨタの片づけ」家庭編

散らかった家の中が劇的に変わる!

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

トヨタ生産方式の二本柱は、ジャストインタイムと自働化。前者は必要な物を・必要な時に・必要なだけつくるという概念、後者は正常・異常を判断するという概念ですが、いずれも必要以上の物を製造・購入してしまったり、問題が発生しているのに誰も気づかないというようなケースをなくすための考え方なのです。その基本的な手段のひとつが片づけ(製造業では5Sと言います)なのです。

片づけの目的を、「キレイにして気持ちがすっきりする」ことだと考えている方が多くいます。それも一理ありますが、トヨタの片づけはある意味もっと実用的。それは「楽に快適な生活を送ること」、具体的には「本当に必要な物だけが手元にあり、欲しい時にすぐに欲しい物を見つけることができる状態を、常に維持できること」を目指しているのです。

「トヨタの片づけ」を家庭で実践する際のポイント 

それでは実際に、「トヨタの片づけ・家庭編」をやってみましょう。それぞれのステップは、こちらの図に記載のとおりです。

① いらない物を捨てる 

まずは、物を3つに分類します。「いる物」「いらない物」「いつか使う物」です。家庭にはさまざまな保管場所、物がありますが、以下のように大きく分類して考えてみてはどうでしょうか。

ここでの使用頻度は、毎日の生活の中でどの程度使うかということ。使用期限とは、その場所に保管しているものが、どの程度の使用期限・有効期限をもっているかということです。

たとえば、冷蔵庫の主な保管物である生鮮食品であれば、賞味期限は1週間程度。期限は短いですが、ある程度機械的に判断ができます。ここでは「いつか使う物」よりも「いらない物」が多く出てくるでしょう。

次ページよく使う物ほど近くに置く
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT