年末までにやりたい「トヨタの片づけ」家庭編

散らかった家の中が劇的に変わる!

③ ルールを明示する

次は、「明示」です。家庭の片づけでは家族の協力も必須になるだけに、決めたルールを誰もがわかる状態にしておくことが重要です。あなただけが分かっているという状態では、口頭でその都度伝えたとしても、よほど意識が高い家族以外はほぼ確実に協力してくれません!

画像を拡大
冷蔵庫の中も、こうしてビニールテープで「見える化」すると、どこに何があるか一目瞭然。端を折り返しておけば簡単に剥がすこともできる

 ここで大活躍するのはビニールテープ。最初から場所をきっちり凝った形で作り込むと、後から変えるのが面倒です。一方ビニールテープであれば、最初に作るのも内容を変えるのも簡単。たとえば冷蔵庫であれば、このようなイメージです。

これは上段部分で奥が見通しづらいために、置いている物の明示に加えて、ケースを活用しています。こうすることで、「目の届かない場所」が生まれないようにしています。

④ 余計な発注(買い物)をしない

トヨタの現場では、物の発注に「かんばん」を使います。これは、過去の発注実績から自動的に発注するのではなく、物が必要になったときに初めて発注を行う仕組み。必要以上の物を発注しないので、不要な在庫が溜まりません。

自宅でこのしくみを厳密に運用しようとすると若干ムリがあるので、おススメは「メモかんばん」。簡単にするのであれば、冷蔵庫にメモ用紙とペンを常備しておき、何かが無いと気づいた時にすぐにメモするスタイルがいいでしょう。

買い物に行く前にメモを作る人は多いですが、思い出すのに時間もかかり「ヌケ・モレ」も生まれます。「ない」あるいは「なくなりそう」と気づいたときにすぐにメモすれば、そうしたムダもありません。

画像を拡大
チェックリストがあれば、ムダ買いが抑制しやすくなる。ペンとともに冷蔵庫に貼っておけば、必要になった時にすぐに書ける

さらに進化させるのであれば、簡単なチェックリストを作ってください。各家庭で頻繁に購入するものをチェックリスト化しておけば、毎回メモする手間がかかりません。

チェックリストは、よく行くスーパーのレイアウトをイメージしたり、ネットスーパーのサイトを参考にしつつ、頻繁に購入する物に合わせて作成するとよいでしょう。

上記のような必需品の場合には、物がなくなるタイミングが購入の起点となります。一方で、洋服や食器のような嗜好品の場合には、店頭などでよい物が見つかったタイミングで購入を決定することがあります。その場合には、1つ買ったら1つ捨てることを習慣にしてください。順番の前後はありますが、必需品も嗜好品も、新しいものと古いものを入れ替えるという点では同じです。

次ページ家族を巻き込むことができる「しくみ」を作る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。