逆風下の中国で増勢、ブリヂストンの「武器」

同社では07年にリトレッド事業大手の米バンダグ社を買収、世界80カ所以上で同事業を展開する。新品タイヤより石油資源を約68%削減できるという環境メリットもあり、米欧ではトラックタイヤの各5割、3割を占めるほどに普及している。そして次の市場として、アジア、特に新興国に照準を合わせる。

中国政府も後押しへ

本来、ブリヂストン製タイヤでなくてもリトレッドは可能だが、ベースとなるタイヤに一定の耐久性が必要になる。そのため、中国では「新品タイヤ+リトレッド」をセットに売り込む。更新時のリトレッドを売り文句にすることで、新品タイヤのシェア拡大を図っている。

現在、ブリヂストンは中国に11カ所のリトレッド生産拠点を持つ。同社が採用するリトレッド方式は少量多品種の生産に適しており、拠点用地は約150坪、1・5億円程度で設備導入できる。「トラックタイヤ市場が成長する以上のスピードで、リトレッド拠点を整備する」(杉山鋼児・生産財タイヤ商品戦略本部長)。

顧客との関係作りが必要なリトレッドの販売のため、専売網の拡充も急ぐ。16年までに冒頭のような専売店を、11年比で2倍となる約1240店へ増やす。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。