逆風下の中国で増勢、ブリヂストンの「武器」

同社では07年にリトレッド事業大手の米バンダグ社を買収、世界80カ所以上で同事業を展開する。新品タイヤより石油資源を約68%削減できるという環境メリットもあり、米欧ではトラックタイヤの各5割、3割を占めるほどに普及している。そして次の市場として、アジア、特に新興国に照準を合わせる。

中国政府も後押しへ

本来、ブリヂストン製タイヤでなくてもリトレッドは可能だが、ベースとなるタイヤに一定の耐久性が必要になる。そのため、中国では「新品タイヤ+リトレッド」をセットに売り込む。更新時のリトレッドを売り文句にすることで、新品タイヤのシェア拡大を図っている。

現在、ブリヂストンは中国に11カ所のリトレッド生産拠点を持つ。同社が採用するリトレッド方式は少量多品種の生産に適しており、拠点用地は約150坪、1・5億円程度で設備導入できる。「トラックタイヤ市場が成長する以上のスピードで、リトレッド拠点を整備する」(杉山鋼児・生産財タイヤ商品戦略本部長)。

顧客との関係作りが必要なリトレッドの販売のため、専売網の拡充も急ぐ。16年までに冒頭のような専売店を、11年比で2倍となる約1240店へ増やす。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。