逆風下の中国で増勢、ブリヂストンの「武器」

ライバルも動いている。仏ミシュランは昨年、ロシアに初のリトレッド拠点を設置。中国では13年に瀋陽で稼働する新工場にリトレッド設備を導入する。「リトレッドは他社と差別化できる最良の方法。世界でリトレッドへの投資を活発化させている」(日本ミシュランタイヤの中川原光昭マネジャー)。

リトレッドに適した古タイヤが少ないこともあり、現在中国での普及率はごくわずか。ただ、中国政府は省資源対応のため、15年までにトラックタイヤ販売の25%をリトレッドにする方針を打ち出すといわれている。今後リトレッドは、中国をはじめとした新興国でも大きな武器になるかもしれない。

ブリヂストンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(並木厚憲 =週刊東洋経済2012年7月21日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。