地下水は語る 見えない資源の危機 守田優著

地下水は語る 見えない資源の危機 守田優著

井戸水や湧き水として身近な地下水。2011年現在、日本の生活用水と工業用水の約25%が地下水であり、都市用水の水源として今も重要な位置を占めている。一方、都市化の進行で地下水の大量利用が続いた結果、1960年から70年代にかけて、地盤沈下や湧き水の枯渇という環境問題も発生。都市部では水循環の機能不全を引き起こし、この問題は今も解決していないと著者は指摘する。

長年、都市河川の研究に従事してきた専門家が、日本の地下水開発と環境問題の歴史について解説。広域的に流動する存在である地下水を「私水」としてとらえてきた制度の問題も指摘し、これからの地下水との付き合い方を資源、環境、文化の面から考える。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。