シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

「アラブの春」と称され、アラブ諸国で連鎖的に起こった民衆蜂起。シリアも例外ではなく、フェイスブックやユーチューブによる反体制派の呼びかけをきっかけに、昨年3月に民衆蜂起が始まり、やがて政権と反体制派の武力抗争へと発展していった。

前シリア大使である著者が、四十余年にわたって続くアサド家2代の独裁政権を中心に、シリアの歴史をたどりながら、この国で何が起きているのか、今後、民主化革命が起こるのかなどを検証する。

ここ1年ほどの報道から見れば、アサド政権はすでに崩壊していておかしくないが、そうならないのはアルジャジーラなどの報道偏向とシリアをめぐる複雑な国際関係が作用しているためと分析する。

平凡社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT