シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

「アラブの春」と称され、アラブ諸国で連鎖的に起こった民衆蜂起。シリアも例外ではなく、フェイスブックやユーチューブによる反体制派の呼びかけをきっかけに、昨年3月に民衆蜂起が始まり、やがて政権と反体制派の武力抗争へと発展していった。

前シリア大使である著者が、四十余年にわたって続くアサド家2代の独裁政権を中心に、シリアの歴史をたどりながら、この国で何が起きているのか、今後、民主化革命が起こるのかなどを検証する。

ここ1年ほどの報道から見れば、アサド政権はすでに崩壊していておかしくないが、そうならないのはアルジャジーラなどの報道偏向とシリアをめぐる複雑な国際関係が作用しているためと分析する。

平凡社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。