シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

シリア アサド政権の40年史 国枝昌樹著

「アラブの春」と称され、アラブ諸国で連鎖的に起こった民衆蜂起。シリアも例外ではなく、フェイスブックやユーチューブによる反体制派の呼びかけをきっかけに、昨年3月に民衆蜂起が始まり、やがて政権と反体制派の武力抗争へと発展していった。

前シリア大使である著者が、四十余年にわたって続くアサド家2代の独裁政権を中心に、シリアの歴史をたどりながら、この国で何が起きているのか、今後、民主化革命が起こるのかなどを検証する。

ここ1年ほどの報道から見れば、アサド政権はすでに崩壊していておかしくないが、そうならないのはアルジャジーラなどの報道偏向とシリアをめぐる複雑な国際関係が作用しているためと分析する。

平凡社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT