東北の大学ではマスコミに就職できないのか

就職を意識した高校生のための進路相談<3>

残るは山形大。人文学部の定員は300人。福島大よりやや少ないです。山形大がいいのは、基盤教育科目にマスコミ志望者向きの濃い科目がやたらと揃っていることです。メディア関連科目だと、「日本社会を生きる 映画からみた近代日本の人間像」「ビッグデータをどう分析するか」「新聞で山形を知る」「文学・芸術に描かれた山形」など。ほか、フィールドワークも充実しています。

科目のテーマ設定も文系・理系ともにかなり現代的、と言いますか、いいところをうまく突いています。

同じ山形市内にある東北芸術工科大デザイン工学部の科目「広告ビジネス基礎」「コピーライティング」「映像文化史」などを単位互換(大学コンソーシアムやまがた・ゆうキャンパスやまがた単位互換)で受講できるのもプラス材料です。

いちばんのお勧めは山形大 

というわけで、候補として挙げられた5大学の中では山形大が1番、弘前、岩手、福島を2番手グループとしてお勧めします。

あなたが挙げた大学以外だと、宮城教育大もアナウンサーなどを輩出しています。宮城教育大に限らず、教育大や地方国立大教育系学部は、隠れたマスコミ人材供給源です。真面目に勉強していますし、朴訥(ぼくとつ)とした学生像が受けることもあります。

あとは、きちんと勉強して、本や新聞、雑誌をしっかりと読んで大学生活を送って下さい。そうすれば「東北の国立大が有利だ、不利だ」などという雑音に、惑わされることはなくなるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。