しつもん仕事術 松田充弘著

しつもん仕事術 松田充弘著

質疑応答が議論や理解を深めるのは誰もが認めるところだ。人気を呼んだ米サンデル教授の白熱教室で、何より有用だったのが「いい質問」だった。それも演習での「気づかせる」ための教授からの問いだ。

本書は、質問には「いい質問」と「悪い質問」があるという。「いい質問」は、それに答えることで、成長・進化のための「気づき」を得ることができるもの。一方の「悪い質問」は答えていくにつれ、物事を冷静にとらえることができなくなり、自分を後ろ向きに追い込んでしまうものだ。

気づき型で自律型の「いい質問」こそが問題解決の「正しい答え」を生む。ビジネスにおいては「指示」を「質問」に変形するだけで相手ががぜんやる気になるケースも少なくないとも。

本書の記述は、ビジネスでの質問の生かし方に比重が置かれているが、大学においてもビジネス界においても「正しい答え」は「いい質問」から生まれることに変わりはないようだ。

日経BP社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT