しつもん仕事術 松田充弘著

しつもん仕事術 松田充弘著

質疑応答が議論や理解を深めるのは誰もが認めるところだ。人気を呼んだ米サンデル教授の白熱教室で、何より有用だったのが「いい質問」だった。それも演習での「気づかせる」ための教授からの問いだ。

本書は、質問には「いい質問」と「悪い質問」があるという。「いい質問」は、それに答えることで、成長・進化のための「気づき」を得ることができるもの。一方の「悪い質問」は答えていくにつれ、物事を冷静にとらえることができなくなり、自分を後ろ向きに追い込んでしまうものだ。

気づき型で自律型の「いい質問」こそが問題解決の「正しい答え」を生む。ビジネスにおいては「指示」を「質問」に変形するだけで相手ががぜんやる気になるケースも少なくないとも。

本書の記述は、ビジネスでの質問の生かし方に比重が置かれているが、大学においてもビジネス界においても「正しい答え」は「いい質問」から生まれることに変わりはないようだ。

日経BP社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT