しつもん仕事術 松田充弘著

しつもん仕事術 松田充弘著

質疑応答が議論や理解を深めるのは誰もが認めるところだ。人気を呼んだ米サンデル教授の白熱教室で、何より有用だったのが「いい質問」だった。それも演習での「気づかせる」ための教授からの問いだ。

本書は、質問には「いい質問」と「悪い質問」があるという。「いい質問」は、それに答えることで、成長・進化のための「気づき」を得ることができるもの。一方の「悪い質問」は答えていくにつれ、物事を冷静にとらえることができなくなり、自分を後ろ向きに追い込んでしまうものだ。

気づき型で自律型の「いい質問」こそが問題解決の「正しい答え」を生む。ビジネスにおいては「指示」を「質問」に変形するだけで相手ががぜんやる気になるケースも少なくないとも。

本書の記述は、ビジネスでの質問の生かし方に比重が置かれているが、大学においてもビジネス界においても「正しい答え」は「いい質問」から生まれることに変わりはないようだ。

日経BP社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。