26歳でホンダを辞めプロ野球に挑む男の真実

安定は捨てられても、「夢」は捨てられない

「一般サラリーマンの生涯賃金を3億円としよう。もしプロで同じ額を稼ごうと思っても、10年間続けて3000万。税金で半分取られることも計算したら6000万ないと負け。プロの平均在籍年数は9年、引退年齢は29歳、平均年俸は3800万。1億円プレーヤーになっているのはほんのひと握りだよ。それでもプロに行きたいか?」

長谷川監督はかつてホンダ野球部で活躍した後、エリートサラリーマンとして社業でも活躍した。自ら海外駐在の希望を出してアメリカ・オハイオ州で部品調達の業務に従事し、帰国後は管理職として大きなプロジェクトのリーダーを任されたこともある。

「社業に専念し始めた頃は、右も左もわからない状態で夜の海に飛び込むような戸惑いがありました。でも、野球も社業も一生懸命やることは同じ。ボールが部品に変わるだけで、一生懸命やっていれば周りが助けてくれるものです」

会社員としてのやりがい、喜びも知る長谷川監督だが、かつては自身もプロからの誘いを受けて「自分の実力では無理」と断った過去がある。今でも「社会人に残っておいてよかった」と後悔はまったくないという。

夢と現実、部員の選択は

夢を追うか、現実に生きるか。しかし、長谷川監督がいくらプロ球界の厳しさを説明しても、ほとんどの部員は「夢」を取るという。それはまた、阿部も同じだった。

「リスクを回避してばかりいた僕でも、子供の頃から『プロになりたい』という一本の芯がずっとありました。ほかの芯は折れてもいいから、この芯だけはリスクを考えずに追いたい。大卒4年目の僕を評価してくれる球団があるということ自体、ありがたいことです。人生は1度きりなので、プロに行かないで後悔するより、行って後悔したいんです」

長谷川監督もまた、「プロに行きたい」という選手の心情は理解している。

「厳しい世界ですが、最終的に決断するのは選手です。それに、ホンダという会社自体、夢を語ることで大きくなった企業ですから。野球部もそういうスタンスです」

夢を追い、26歳になる年に、ようやく扉をこじ開けた阿部寿樹。あこがれの世界に一歩踏み出す前の心境を聞いても、「不安のほうが大きいですけど、やってみなければ何もわからない」と相変わらず威勢のいい言葉は聞かれない。それでも、「不安だからこそ、練習ができますね?」と聞くと、阿部はニコッと笑って、こう言い切った。

「練習できなくなるときは、僕の野球が終わるときです。腹をくくってやります!」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT