26歳でホンダを辞めプロ野球に挑む男の真実

安定は捨てられても、「夢」は捨てられない

阿部は岩手県一関市出身。「お山の大将」でいられたのは高校時代までだった。東京六大学リーグの名門・明治大に入学すると、本人曰く、「鼻をポキッといかれました」。

「入学してすぐ、すべてのスピードの速さに打ちのめされました。『4年間でリーグ戦に1試合出られればいい。4年間やりとおすことに意義があるだろう』と思っていました」

それでも1年秋から出場機会を得た阿部は、3年時には春秋ともに打率3割以上をマークして、「ドラフト候補」と呼ばれるようになる。だが、本人のなかに確固たる自信が芽生えることはなかった。

「チームメイトから『メンタルが弱い』と言われまくっていましたから(笑)。チャンスで全然打てないので、印象に残らないヒットが多かったんです」

ホンダでの練習参加、そして社会人野球の道へ

大学4年になり進路を決めなければいけないタイミングで、阿部のもとに社会人の名門・ホンダに練習参加する話が持ち上がった。当時、ホンダの監督に就任したばかりだった長谷川寿監督は、阿部が練習参加したときのことを鮮明に覚えている。

「フリーバッティングでいきなりレフトの金網にぶち当てて、驚きました。身体能力が高くて肩が強いし、見栄えのいいショート。即決でした。すぐ『入ってくれ』と言いました」

ホンダからは“プロ待ち”を認めるという話もあった。プロ待ちとは、学生がプロ志望届を提出して、ドラフト指名がなかった場合でも企業が採用するという約束のこと。それだけホンダが阿部を高く買っていた裏返しでもあるが、阿部はその申し出を断っている。自分の力がまだプロで通用するとはとても思えず、そもそもホンダでレギュラーになれるかも不安があった。

「ホンダが強いということは僕も知っていましたし、ショートには川戸(洋平)さんという全日本のレギュラーもいましたから。『試合に出られるかな?』と思っていました」

ホンダ入社後の2年間はまったく鳴かず飛ばずだった。打撃では体が早く開く悪癖があり、バットを何本も折った。打撃に悩んだ影響は評価の高かった守備にも及び、送球が不安定になる悪循環。入社2年を終えた段階で、阿部はプロへの思いにふたを閉じかける。

「もう無理だろうと思いました。それよりも、社会人であと何年できるだろう。これからどうしていこうという思いのほうが強かったです」

ここで、社会人野球選手の日常についても触れておこう。

次ページ野球と仕事、どう両立させている?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT