フジコが急伸!「Hulu人気動画」ランキング

人気のコンテンツは何なのか

「フジコ」はHuluで独占配信中 © HJホールディングス/共同テレビジョン

7位には、過激すぎて映像化は不可能といわれた真梨幸子のベストセラー小説、「イヤミス」の代表作として名高い「殺人鬼フジコの衝動」を、
Huluが完全オリジナル連続ドラマとして映像化した「フジコ」が初登場している。

最高の後味の悪さ

「掟上今日子の備忘録」のような地上波で放送中の人気ドラマ も「見逃し配信」で観られている © 西尾維新/講談社 © NTV

映画やドラマからひっぱりだこの人気実力ともに日本を代表する女優・尾野真千子が殺人鬼・フジコを演じ、演出は映画版「電車男」を手掛けた村上正典、脚本は映画「凶悪」などの高橋泉が担当した。最高の後味の悪さと、観る者を戦慄と慟哭へと突き落とす狂気のストーリー展開に夢中になる視聴者が続出。続きが気になり、全6話をイッキ見してしまうほど中毒性の高いドラマ作品となっている。

また、「掟上今日子の備忘録」「偽装の夫婦」「エンジェル・ハート」など、10月スタートの日本テレビの連続ドラマも佳境に入り、その見逃し配信が人気だ。人気ドラマについては最終話が近づくと、見逃し配信がたくさん観られる傾向にある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT