フジコが急伸!「Hulu人気動画」ランキング

人気のコンテンツは何なのか

「フジコ」はHuluで独占配信中 © HJホールディングス/共同テレビジョン

7位には、過激すぎて映像化は不可能といわれた真梨幸子のベストセラー小説、「イヤミス」の代表作として名高い「殺人鬼フジコの衝動」を、
Huluが完全オリジナル連続ドラマとして映像化した「フジコ」が初登場している。

最高の後味の悪さ

「掟上今日子の備忘録」のような地上波で放送中の人気ドラマ も「見逃し配信」で観られている © 西尾維新/講談社 © NTV

映画やドラマからひっぱりだこの人気実力ともに日本を代表する女優・尾野真千子が殺人鬼・フジコを演じ、演出は映画版「電車男」を手掛けた村上正典、脚本は映画「凶悪」などの高橋泉が担当した。最高の後味の悪さと、観る者を戦慄と慟哭へと突き落とす狂気のストーリー展開に夢中になる視聴者が続出。続きが気になり、全6話をイッキ見してしまうほど中毒性の高いドラマ作品となっている。

また、「掟上今日子の備忘録」「偽装の夫婦」「エンジェル・ハート」など、10月スタートの日本テレビの連続ドラマも佳境に入り、その見逃し配信が人気だ。人気ドラマについては最終話が近づくと、見逃し配信がたくさん観られる傾向にある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング