利用者数4億人、グリーが中国で手を結ぶ中国有数のネット企業・騰訊(Tencent)の実態

利用者数4億人、グリーが中国で手を結ぶ中国有数のネット企業・騰訊(Tencent)の実態

グリー(GREE)やディー・エヌ・エー(DeNA)が中国への進出を積極化している。中国人は、日本人以上に息抜きで遊ぶソーシャルゲームが大好きだ。ヒマさえあれば、車内でも社内でも自宅でも遊ぶ人は多く、ソーシャルゲームの巨大市場として期待ができる。
 
 オンラインショッピングでもそうだが、中国では有力なポータルサイトが、その集客力を生かして宣伝することで、多くの人を誘導することができる。GREEが手を組んだのはチャットソフト「QQ」を運営する「騰訊(Tencent)」。5億人を超える中国のネットユーザーの8割もが利用しているとされる。一方、DeNAはSNS最大手「人人網(renren)」、そして老舗ポータルサイトの「新浪(Sina)」と手を組んだ。

とはいえ、現時点では日系の2社とも進出したばかりで、しかも、中国では突然ネットのトレンドが変化することもある。現段階の両社の状況から、将来を予想するのは難しい。
 
 GREEの組んだ騰訊は中国ではあまりに有名だが、何かとお騒がせなクセのある企業でもある。そこで、将来を見通す一助に、強力な援軍にもなるが、一方で毒にもなりうる騰訊と、同社製品の主力サービス「QQ」について紹介しよう。

今、都市部の若い中国人に人気のコミュニケーションツールといえば、所得水準は関係なくtwitterのようなマイクロブログこと「微博(Weibo)」が人気。利用者は2億5000万人で、「騰訊」と「新浪」が運営する微博が人気を二分する。
 
 微博は何かと目立ちがちだが、もっと普及しているコミュニケーションツールは、4億1500万人が利用するチャットだ。パソコン版もスマートフォン版も人気で、若者が集まる地域では、どこからともなく四方八方からQQで使われる「ピピピピ」という効果音が聞こえてくる。



■スマホでQQを利用する人が増えている

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。