利用者数4億人、グリーが中国で手を結ぶ中国有数のネット企業・騰訊(Tencent)の実態

QQはまた、あまりに多くの人が利用するためハッカーたちの格好の標的にもなっている。ハッカーがアカウント情報を盗み取り、ログインすることで本人がログインできないようにし、QQアカウントの“身代金”を要求する、という事件はよくある。
 
 またQQで利用するアバターの服や背景をはじめとした有料アイテムを購入するため「Q幣」というバーチャルマネーが流通しているが、これ目当てにハッカーが攻撃し、Q幣を盗み取る“強盗事件”も起こっている。
 
 何でそんなにQ幣が流通するかというと、騰訊はポータルサイト「QQ.com」や「QQ遊戯」などのオンラインゲームやブログ「QQ空間」、微博「騰訊微博」をはじめ、さまざまなサービスを展開していて、各サービスでQ幣を利用できるためだ。

騰訊のビジネススタイルは、中国国内でも、まま非難を受ける。外国ではなく中国国内でブームになりそうなサービスやゲームが登場すると、さらにその国産サービスを真似たサービスをリリースし、ネットユーザーを総取りするからだ。

なんでこんなことになるかというと、ユーザーにとっては、すでに持っているQQのアカウントで新しいサービスを利用できるので、新興企業のサービスを利用するよりも面倒がなくていいというわけだ。しかも余っているQ幣を使って楽しめるのでありがたい。

過去の騰訊の模倣の例を挙げると、中国でFacebookモドキのSNSサイト「開心網」が、農場育成ゲーム「開心農場」のブレークでSNS利用者を増やしたが、これから飛躍、というときに、騰訊が「開心農場」にそっくりな「QQ農場」というゲームをリリース。ネットユーザーはQQ農場に走ってさらなるブームを起こし、開心網の求心力が一気に失われていった。
 
 微博に関しても、今でこそ「新浪微博」と並んで「騰訊微博」は2大微博サービスとなって伸びているが、元祖微博サービスではなく、別の中国ベンチャーがtwitterモドキを中国で導入した後、新浪と騰訊がさらにそれを模倣して追随、元祖??摸倣サイトを蹂躙した。


■騰訊微博

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。