グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

原子力や化石燃料のリスクが懸念される中、注目されるグリーン経済。資源の利用効率を徹底的に高め、環境への負荷を可能なかぎり少なくして、自然と共生しつつ経済成長を目指すというものだ。

それだけで大丈夫なのか、とかく疑問符がつけられるが、本書で紹介されているグリーン経済の実現に向けた取り組みを知れば納得できるかもしれない。自然エネルギーですべての電力を賄うデンマークの島。エコツアーで経済発展を目指すルワンダやコスタリカ。町中から自動車を締め出すことで温暖化ガスを削減するブラジルの町など。

地球環境無視の従来どおりのやり方は、もはや通用しない。持続可能社会を作ることの重要性を再認識させる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT