グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

原子力や化石燃料のリスクが懸念される中、注目されるグリーン経済。資源の利用効率を徹底的に高め、環境への負荷を可能なかぎり少なくして、自然と共生しつつ経済成長を目指すというものだ。

それだけで大丈夫なのか、とかく疑問符がつけられるが、本書で紹介されているグリーン経済の実現に向けた取り組みを知れば納得できるかもしれない。自然エネルギーですべての電力を賄うデンマークの島。エコツアーで経済発展を目指すルワンダやコスタリカ。町中から自動車を締め出すことで温暖化ガスを削減するブラジルの町など。

地球環境無視の従来どおりのやり方は、もはや通用しない。持続可能社会を作ることの重要性を再認識させる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。