グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

原子力や化石燃料のリスクが懸念される中、注目されるグリーン経済。資源の利用効率を徹底的に高め、環境への負荷を可能なかぎり少なくして、自然と共生しつつ経済成長を目指すというものだ。

それだけで大丈夫なのか、とかく疑問符がつけられるが、本書で紹介されているグリーン経済の実現に向けた取り組みを知れば納得できるかもしれない。自然エネルギーですべての電力を賄うデンマークの島。エコツアーで経済発展を目指すルワンダやコスタリカ。町中から自動車を締め出すことで温暖化ガスを削減するブラジルの町など。

地球環境無視の従来どおりのやり方は、もはや通用しない。持続可能社会を作ることの重要性を再認識させる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT