グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

グリーン経済最前線 井田徹治、末吉竹二郎著

原子力や化石燃料のリスクが懸念される中、注目されるグリーン経済。資源の利用効率を徹底的に高め、環境への負荷を可能なかぎり少なくして、自然と共生しつつ経済成長を目指すというものだ。

それだけで大丈夫なのか、とかく疑問符がつけられるが、本書で紹介されているグリーン経済の実現に向けた取り組みを知れば納得できるかもしれない。自然エネルギーですべての電力を賄うデンマークの島。エコツアーで経済発展を目指すルワンダやコスタリカ。町中から自動車を締め出すことで温暖化ガスを削減するブラジルの町など。

地球環境無視の従来どおりのやり方は、もはや通用しない。持続可能社会を作ることの重要性を再認識させる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。