疑う力 ビジネスに生かす「IMV分析」 西成活裕著

疑う力 ビジネスに生かす「IMV分析」 西成活裕著

社会が複雑化し、すぐにはわからないことが増え、どうしても他人の言い分を盲信しがちになっている。人には「疑う力」が必要であり、その際、まず「疑う」ことを二人の間の情報伝達に関する理論から考えるのが極めて有効だと著者は言う。

伝え手の真意をI(Intention=意図)、発せられたものをM(Message=伝達情報)、受け手の解釈をV(View=見解)とし、「疑う」とは「伝え手のメッセージを意図的に曲げて解釈する」ことであり、記号でいえば「M≠V」と定義して、その後、疑う内容の分析にはいる。

「渋滞学」「無駄学」のパイオニアの著者が、「疑う力」の習得法を伝授。自身で培ったそのロジックを公開する。

PHPビジネス新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。