遺産分割でもめる家族や財産に類型あり--『モメない相続』を書いた長谷川裕雅氏(弁護士、税理士)に聞く

遺産分割でもめる家族や財産に類型あり--『モメない相続』を書いた長谷川裕雅氏(弁護士、税理士)に聞く

額は少なくても、「もめる相続」が増えている。「もめない相続」にするにはどうしたらいいのか。それには「備えあれば憂いなし」、要件を満たした遺言を書いておくことだという。

──「もめるポイント」は三つに絞られますか。

遺産分割でもめやすい家族や相続財産にはパターンがある。「生前の行動」「不動産」「トラブルメーカー」が原因になる。

──「生前の行動」?

話を詳しく聞くと、何十年もさかのぼって原因があったりする。親が生きていた頃に長男だけに住宅資金を扶助したとか、自分は介護の負担をしてきたとか、今までは抑えられてきた感情が相続発生と同時に噴出する。法律では「特別受益」「寄与分」と用語は堅いが、普通の言葉でいえばえこひいきや因縁。そういう言葉に置き換えられる「親が生きているうちの行動」によるものだ。つまり生前に発生していた何かのイベント(出来事)が影響している。

──裁判では特別受益や寄与分はなかなか認められないようです。

当事者になると、皆さんけっこう勉強する。これは不公平な特別受益に当たるとか、寄与分をどうしてくれるとか。ところが、特別受益や寄与分は、裁判で認められるにはハードルが高くて、まずきちんとした証拠がなければ認められない。少しぐらいでは不公平とも寄与したとも判断されない。一般の認識と実際の裁判とではギャップが大きい。

──「不動産」とは?

「分けられない財産」の代表例としての相続財産だ。不動産はバブルの頃に相続財産額の75%ぐらいに達したようだ。それがどんどん下がって、この本を書いた頃のデータでは55%になった。比率として依然高く、しかも分けづらい。ただでさえ最近では市況的にも売りにくいうえに、その物件に関係者の思い入れがあったりする。それを分け合おうとしても、しばしばニッチもサッチもいかなくなる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT