日本人は「本当のレジリエンス」を知らない

間違った研修やセミナーが横行している

枝廣:そうですね。経営者がレジリエンスの高い企業にしたいというとき、社員のレジリエンス力を高めるだけでは、真にレジリエンスのある企業にはなりません。社員はレジリエンスの要素の1つです。お客様や、企業のビジョン、社風、地域などさまざまな要素で企業のレジリエンスが構成されているのですから、全体で変えていくこと、まさにシステム思考で考えることが大事ですね。

宇野:その通りだと思います。全体と個の両方に対するアプローチが不可欠です。

科学的根拠なき研修には要注意

枝廣:レジリエンス研修などは、宇野さんのまさにご専門だと思いますが、一般的に本当のレジリエンス研修とそうでない研修を見極めることは可能ですか。

宇野カオリ 日本ポジティブ心理学協会(JPPA)代表理事。筑波大学大学院研究員。米ペンシルベニア大学大学院修了。ペンシルベニア大学では、レジリエンスの学校介入研究やトレーニングの現場に関与した

宇野:レジリエンス研修やセミナー、あるいは一部の自己啓発書なども含まれるかもしれませんが、その内容の真偽を見極めるのは、一般のビジネスパーソンには極めて難しい場合がほとんどでしょう。まだまだレジリエンスが正しく知られていない中で、「レジリエンス」というカタカナ新語が目くらまし効果ともなって、そこでどんな研修がなされようと、受け手にはその真偽のほどは分かりません。これは、レジリエンスに対する社会的なリテラシーが高まるまでは致し方ないことかもしれません。

真偽を見極める1つの方法として、ペン・レジリエンシー・プログラムのような科学的な効果検証の徹底したレジリエンス・トレーニング法に触れてみることも有効かもしれません。それが、翻訳書で世に問うた理由でもあります。

枝廣:たしかに、そうですね、私も自戒しなくてはなりませんが、日本では科学的な効果検証の有無まで考えないで取り入れてしまうことがありますね。知り合いがよいと言っているからとか、海外ではやっているとかで安易に取り入れることが多いですから。インスタントなレジリエンス研修には注意が必要ですね。            (構成:一柳麻衣子)

※後編に続く

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT