投資信託、これを知らないと損をする!

「分配金」を、きちんと説明できますか?

投資信託と「賢く」付き合うために知っておくべきこととは?(写真:kou / PIXTA)
知らないと損する、経済とおかねの話。大手証券会社で、長年、個人の資産運用相談を担当し、接したお客様は3万人以上。さらに「経済や投資の基本テキスト」などのコンテンツを制作し、40万人以上に「経済とおかね」に関する授業を開催してきた大江英樹氏。 
新入社員から、ファイナンシャルプランナーといったおかねの専門家に至るまで「これ以上ないくらい、わかりやすい」と評判の内容が、このたび『知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生』として書籍化されました。
本連載では、書籍では紹介しきれなかった、人生のここ一番の選択から、日々の買い物まで、あなたが人生で損をしないために知っておくべき「経済とおかね」の超基本の一部をお伝えします!

毎月分配型投信、“否定派”vs.“肯定派”

わかりやすいにもホドがある! あなたが人生で損をしないための「経済とおかね」の話

ひところほどではありませんが、相変わらず分配型投資信託、それも毎月分配型と言われるタイプの商品は、根強い人気があります。特に高年齢層で年金を受給している世代の人たちには、年金が2カ月に1回しか支給されないことから、「毎月分配金がもらえるのはありがたい」と、よく売れているようです。

しかしながら、とてもよく売れている反面、商品に対して懐疑的な見方をしている人が多いことも、また事実です。

「こんな商品はとんでもない! 社会にとって害悪だ」といった意見がある一方で、肯定的な人からは「齢をとると、毎月おかねがもらえるというのは本当にありがたい。このありがたみは、経験したことがない人でないとわからないだろう」といった声も聞かれます。

私自身は、分配型投資信託は保有していませんし、今後も保有するつもりはありませんが、こうした否定派、肯定派の意見は、いずれもうなずける部分はあります。ただ、両者が主張していることは互いに論点が違っているので、かみ合っていません。

否定派の人は、純粋に経済合理性から言ってろくでもない商品だという意見であり、これはまったく正しいと言っていいでしょう。分配金に対しては課税されるし、キャッシュアウトすることから、運用元本が減ってしまうからです。

一方、肯定派の人は、経済合理性よりも人間の心理のうえからはとてもよく考えられた有効な商品だと言っているわけで、これもまた正しい見方であると言えます。年配の人の場合、一定の取り崩しを行いながら運用したいというニーズがあってもいいからです。したがって、両者が議論をしても結論が出ないことは明白であり、どちらもそれぞれの視点からすると正しいことを言っているのです。

次ページ「分配型投信」論争の前に知っておくべきこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT