論語入門 井波律子著

論語入門 井波律子著

中国で最も広くかつ長く読まれてきた古典『論語』。日本には6世紀初頭に伝来し、江戸時代には寺子屋などを通じて庶民階層にも普及するほど、身近な古典として親しまれてきた。混迷を深める時代状況とともに今再び注目を集めているが、中国文学の研究者である著者はその面白さは「孔子という人物にある」と考える。

五百余条から成る『論語』から146条を選び、孔子自身の発言を中心に、臨場感あふれる弟子たちとの対話の中から、孔子という人物のイメージを浮き彫りにする。孔子の生き方、考え方、弟子たちとのかかわり方、溌剌(はつらつ)とした感情表現などを具体的にたどることによって、その希有な魅力を読み解く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT