論語入門 井波律子著

論語入門 井波律子著

中国で最も広くかつ長く読まれてきた古典『論語』。日本には6世紀初頭に伝来し、江戸時代には寺子屋などを通じて庶民階層にも普及するほど、身近な古典として親しまれてきた。混迷を深める時代状況とともに今再び注目を集めているが、中国文学の研究者である著者はその面白さは「孔子という人物にある」と考える。

五百余条から成る『論語』から146条を選び、孔子自身の発言を中心に、臨場感あふれる弟子たちとの対話の中から、孔子という人物のイメージを浮き彫りにする。孔子の生き方、考え方、弟子たちとのかかわり方、溌剌(はつらつ)とした感情表現などを具体的にたどることによって、その希有な魅力を読み解く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。