Think Simple ケン・シーガル著/林信行監修/高橋則明訳

Think Simple ケン・シーガル著/林信行監修/高橋則明訳

米アップル社の成功の原動力は「熱狂的なまでのシンプルさへの執着」であると著者は言う。

そのシンプルという哲学をビジネスにどう生かすのかを「10の法則」にまとめたのが本書だ。その法則を意訳しつつ羅列すれば、「容赦なく伝える」「少人数で取り組む」「ミニマルに徹する」「動かし続ける」「イメージを利用する」「フレーズを決める」「カジュアルに話しあう」「人間を中心にする」「不可能を疑う」、そして「戦いを挑む」となる。

著者は、アップルの伝説のマーケティングキャンペーンThink Different(物事をまるで違った目で見る)の制作に参加し、iMacの命名をするなど、同社復活に重要な役割を果たした。それだけ、イノベーションの生み出し方、アイデアを実現させる方法、意思決定の仕方、社内コミュニケーションの取り方……など、ビジネスをクリエーティブに成功させるヒントに、本書は満ちている。

NHK出版 1680円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。