イノベーションの理由 資源動員の創造的正当化 武石 彰、青島矢一、軽部 大著 ~不確実性に満ちた企てをどう正当化するか

イノベーションの理由 資源動員の創造的正当化 武石 彰、青島矢一、軽部 大著 ~不確実性に満ちた企てをどう正当化するか

評者 中沢孝夫 福井県立大学地域経済研究所所長

 本書は、優れた技術革新に与えられる大河内賞の中から23の事例を選び、「アイデアの創出、要素技術の開発着手から始まって、製品開発を経て、事業化に至る」までの「一連のイノベーション(経済成果をもたらす革新)のプロセス」を分析した力作である。

著者たちによる「アイデア」から「事業」に至る「イノベーション実現の旅」は、「幸運の女神」(協力者、同伴者、支援者)との出会いや、「資源動員」に立ちはだかる「壁」(疑問、批判、抵抗、反対)との遭遇……など波乱に満ちている。

新しい投資を前にして企業は当然、悩む。経営資源に限りがあるからだ。とくに「常識に対する挑戦」への評価はとても難しい。「客観的な(評価)材料」がないからである。それゆえイノベーションの「推進者の固有の理由と組織内外のさまざまな支持者の固有の理由」の出会いが大きな意味を持つ。

たとえば富士写真フイルムのデジタルX線画像診断システムの場合、海外展示会でフィリップスが評価するところから、社内での本格的な「資源動員」が始まっている。あるいはオリンパスの超音波内視鏡は、付き合いのなかった医師による「診断用途の発見」から本格的な「資源動員」に至っている。

それに対して、トップの強い意思(決断)で事業化がすすめられた花王の洗剤(アタック)。最初から社内の合意・支持があった京セラのエコシス・プリンタ。またセイコーエプソンの高精細インクジェットプリンタなど、「壁」のなかった事例もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT