(第50回)中国での金融事業は日本の新しいチャンス

(第50回)中国での金融事業は日本の新しいチャンス

これまで、製造業を中心に日本と中国を見てきたが、工業化には資金が必要だ。そのために金融活動が必要になる。工業化は、今後、インド、ベトナム、ミャンマーなどのアジア諸国でも進展するだろう。そうなれば、さらに大きな資金需要が発生する。少なくとも発展の初期の段階では、国内の貯蓄ではまかないきれないだろう。したがって、これらの国々の工業化を支えるための資本供給が必要になる。

金融は中国が遅れている分野だ。そして将来成長の可能性がある分野である。では、日本の金融機関が中国に進出するのは、可能だろうか?ヨーロッパでは、イギリスがオイルマネーを東欧に還流させて、東欧の市場経済化を支えた。それと同じことを日本がアジアでできるのだろうか?

国際化は日本の金融機関の立場から見ても、新しいビジネスチャンスとして重要である。日本国内は間接金融であり、発展の余地が少ない。最近では、企業の資金需要が減退しており、もっぱら国債運用だ。預金を集めて国債に運用するだけなら、素人でもできる。そうした仕事の利益率が高いはずはない。このままでは、日本の金融機関はじり貧である。

この連載でも述べてきたように、日本の製造業の活動はすでに海外展開している。そうした状況下で金融業が国内活動だけでよいはずはない。金融業も海外展開するのは、必然だ。

金融事業の国際展開は、国民に資産を提供する意味でも重要だ。新興国の成長の利益を享受する手段は、新興国企業の株式への投資だけではないはずである。ただし、リスクが高いので、そのコントロールが必要だ。イギリスは国際的な資金仲介をやっているだけだが、日本の場合には自らの貯蓄を使える。その意味で、日本はイギリスよりも有利な立場にいるとも言えるわけだ。

日本はこれまで対外資産をアメリカの国債に投資してきた。しかし、これは利回りの低い非効率な投資だ。対外資産の中で直接投資の比重を高めることが期待されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?