音楽界に異変?「フォーク」人気が再燃のワケ

吉田拓郎や長渕剛だけではない

一方で、「いわゆる」フォーク世代も負けてはいない。50~60代を中心とした往年のフォークファンは、今、「フォーク酒場」に集い、夜な夜な、あの頃の名曲を歌っている。

往年のファンで連日にぎわうフォーク酒場

フォーク酒場「落陽」本店でセッションを楽しむ往年のファン

フォーク酒場とは、会社帰りに手ぶらでふらりと立ち寄って、店に常設しているギターなどを、客が自由に演奏したり、歌ったりできる飲み屋のことだ。フォーク酒場の名店、「落陽」新橋店の店主・田辺芳子さんによると、14年前、荻窪に店を開いた「落陽」本店が日本初のフォーク酒場で、今では日本に100軒以上存在するという。

「ここに来れば、『あの頃』に戻れる。家ではかみさんにガミガミ言われたりするけど、ここには青春がある」。そう話す40代のがんちゃん(男性)は、常連の中では最年少クラス。この日は「ファイト」(中島みゆき)や「浅草キッド」(ビートたけし)などを熱唱し、店で知り合ったフォーク仲間たちが惜しみない拍手を送っていた。

今、フォークの担い手は、往年のファンと、30代以下のニューウエーブに二分化している。しかし、どちらも「自分の思いを伝えたい」という共通の強い思いを感じた。

あらためて今、「フォーク」とはいったい何だろう。

前出の下町フォーク・フェスティバルのプロデューサーであり、バンド「ポカスカジャン」のギター兼ボーカルでもあるタマ伸也さんは、「思いを伝えやすく、人をつなぐ音楽」。それが、フォークソングだと話す。

時代と共に、ヒットする曲調や伝えたいメッセージは確かに変化している。しかしながら、「思い」を伝え、人を「つなぐ」という、「フォーク」が本来持つ役割は変わっていないように感じた。人と人とのリアルなコミュニケーションが希薄になっている今の時代だからこそ、人と人をつなぐ、「フォーク」のような音楽が、どの世代でも大切にされているのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。