僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 木暮太一著

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 木暮太一著

現在の仕事に満足している人はどれだけいるだろうか。残業が減ることはなく、その一方で給料はいつまで経っても上がらない。ほかにいい会社があれば転職したいよ、とぼやきたい人も多いだろう。

しかし、ビジネス書作家である著者は、資本主義経済の中にいるかぎり、いくら会社を替えても私たち労働者が置かれている立場では、本質的には何も変わらず、一生ラットレースを続けていかなければならないと説く。

このラットレースから、いかに脱出するか。『資本論』と『金持ち父さん貧乏父さん』を基に資本主義の構造やルールを示しながら、資本主義を逆手に取った、自分にとって最良の働き方を手に入れる方法を伝授する。

星海社新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。