僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 木暮太一著

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 木暮太一著

現在の仕事に満足している人はどれだけいるだろうか。残業が減ることはなく、その一方で給料はいつまで経っても上がらない。ほかにいい会社があれば転職したいよ、とぼやきたい人も多いだろう。

しかし、ビジネス書作家である著者は、資本主義経済の中にいるかぎり、いくら会社を替えても私たち労働者が置かれている立場では、本質的には何も変わらず、一生ラットレースを続けていかなければならないと説く。

このラットレースから、いかに脱出するか。『資本論』と『金持ち父さん貧乏父さん』を基に資本主義の構造やルールを示しながら、資本主義を逆手に取った、自分にとって最良の働き方を手に入れる方法を伝授する。

星海社新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT