3回言ってくる覚悟があるかどうかですね--西川光一・パーク24社長(第5回・最終回)

✎ 1〜 ✎ 87 ✎ 88 ✎ 89 ✎ 最新
拡大
縮小


 
 創業者の皆さんがそうだと思いますが、先代は会社イコール自分でした。いい面は見習わなければいけませんが、2代目以降の人間が創業者のように会社を私物化してはいけません。誰が社長であっても成長していく文化や風土が大切なのではないでしょうか。

--気になる経営者はいらっしゃいますか。

すごいなと思うのは楽天の三木谷浩史社長でしょうか。昔仕事で何回かお会いしたこともあるんですが、同じ学年なんですよね。ネットだからできることかもしれませんが、手の打ち方やスピード感が凄いですし、着実ですよね。
 
 ちなみに光通信創業者の重田康光さんは同学年、GMOインターネットの熊谷正寿社長とUSEN元社長の宇野康秀さんは1つ上ですね。創業者が多い世代です。やはり雑誌などで彼らの特集が組まれると気になるので読みます。

にしかわ・こういち
 1964年10月13日生まれ。89年4月アマダ入社、93年11月パーク24に情報開発部長として入社、同年12月タイムズ事業部長兼情報開発部長、94年1月取締役、95年3月営業副本部長兼東京本店長、97年4月営業副本部長兼戦略企画室長、98年1月常務取締役、2000年11月タイムズ24(現タイムズサービス)代表取締役、02年6月ドライバーズネット(現タイムズコミュニケーション)代表取締役社長、04年パーク24代表取締役社長(現任)、06年6月有限会社千寿代表取締役社長(現任)、07年11月代表取締役社長 執行役員社長 東日本事業本部長、タイムズコミュニケーション取締役、08年3月普客二四停車場股份有限公司 薫事長、09年3月マツダレンタカー(現タイムズモビリティネットワークス)代表取締役会長、11年12月タイムズ24代表取締役社長(現任)。撮影:尾形文繁

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT