在庫を持たない、腐敗するものを扱わない、流行を追わない--西川光一・パーク24社長(第4回)

また、自分の力を示したいがゆえに、先代を超えたがる2代目の人も多いみたいですね。それで皆さん失敗する。実の父だからというのは関係なく、そもそも創業者を超えるなんて絶対に無理なんです。

経営者はある程度の訓練でなれますが、創業者は特殊能力だと思っています。ゼロから10を作るのと10のものを100にするのは、同じ10倍でも意味が全然違います。先代はゼロから作るのが好きで、本人も「自分は大企業の社長はできないが、起業ならいくらでもできる」と言ってました。
 
 逆に私は10を100とか1000にするほうが好き。当社はたまたま僕と先代の得意分野が違っていたからよかったのかもしれません。

--2004年の社長就任後に先代は他界されました。

先代は03年6月に入院し、そのまま05年7月に他界しました。すでに01年からIRと株主総会以外はほとんど僕に権限移譲されていたので、04年の就任時には肩書と責任が変わったくらいでやっていることはほとんど変わりませんでした。たまたまですけど、バトンタッチはスムーズにいったと思います。

以後、結果的には規模も大きくなっていますし、売り上げも利益も順調に推移していますが、先代はとにかく認めない人なので、生きていたらまだまだと言われるでしょうね(笑)。

僕も満足していません。経営者はすべてのことにおいて満足していはいけないと思っています。

--どのようなことにいちばん満足していないのでしょうか。

上場企業なのでやはり、株価。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT