3割引きというキャンペーンを勝手に作ってチラシをまきました--西川光一・パーク24社長(第3回)

3割引きというキャンペーンを勝手に作ってチラシをまきました--西川光一・パーク24社長(第3回)

--先代は、家ではどのようなお父親だったのでしょうか。

家に仕事を持ちこむようなことはありませんでしたが、高校生の頃、自転車で大阪まで旅に出ると言ったら反対され、稟議書を書けと言われたことはありますね(笑)。

父は長男というものに対する意識が強く、とにかく長男は厳しく育てると言う人でした。幼心にも、「父は姉と弟には優しくて甘いのに、自分には厳しい」と思っていましたから、極力接点を持たないようにしていました(笑)。
 
 あまり仲の良い親子関係ではなかったです。高校を卒業する前くらいからほとんど会話をしなくなりましたね。会話といえば、社会人になる前日の3月31日に「どこに就職するんだ?」と聞かれ、「アマダ」と答えたくらいです。

--産業機械メーカーのアマダへ就職したのは、実家が販売する駐車場機械を意識したわけではないのですか。

まったく関係ない。もともと機械モノが好きだったんです。子どもの頃は機械の中が見たくて仕方なく、よく分解して遊んでいましたね。あと、アマダは日曜と月曜が休みだったので、月曜が休みだったらどこに行っても空いているなと思ったんです。実際入社したら休みなんてなかったのですが(笑)。

神奈川県の厚木で研修後、福島県の郡山営業所に配属され、ベンディングマシンの営業担当になりました。当時、最初の1年間は見習い期間で手取り17万~18万円の給料保障があったのですが、1年経つと完全な歩合給になりました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。