超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

占いの書として知られる『易経』には、占いの結果やその対処法などが記される一方で、「君子占わず」、つまり君子は占わなくても吉凶がわかる、『易経』を理解すれば先々の変化を察することができるとも書かれている。実際に「四書五経」の筆頭に挙げられ、学問として学ぶべき経書であるとされてきた。易経研究家である著者によれば「およそ人間の考えることがすべて書いてある」という。

中国最古の思想哲学書として西洋哲学にも大きな影響を与え、今なお帝王学の書として企業や組織のリーダーに読み継がれる『易経』を、初心者でも読みやすいようにわかりやすく解説。先の見えない混沌とした現代を生き抜く処世の知恵を学ぶことができる。

角川SSC新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT