超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

占いの書として知られる『易経』には、占いの結果やその対処法などが記される一方で、「君子占わず」、つまり君子は占わなくても吉凶がわかる、『易経』を理解すれば先々の変化を察することができるとも書かれている。実際に「四書五経」の筆頭に挙げられ、学問として学ぶべき経書であるとされてきた。易経研究家である著者によれば「およそ人間の考えることがすべて書いてある」という。

中国最古の思想哲学書として西洋哲学にも大きな影響を与え、今なお帝王学の書として企業や組織のリーダーに読み継がれる『易経』を、初心者でも読みやすいようにわかりやすく解説。先の見えない混沌とした現代を生き抜く処世の知恵を学ぶことができる。

角川SSC新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。