驚いた!知らなかった 日本国境の新事実 山田吉彦著

驚いた!知らなかった 日本国境の新事実 山田吉彦著

世界第6位の領海と排他的経済水域を持つ日本が領有権をめぐって争ってきた海と島の歴史を、地政学的観点から解説する。

日本の国境は、すべてが海の上にある。そのため日本人はあまり国境を意識せずに暮らしているが、このところ、中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題、ロシアとの北方領土問題などで、国境を意識する機会が多い。それは、こうした国々が領有問題で変わりかねない日本の排他的経済水域の海底資源や漁業資源に注目しているからだ。

日本の領土交渉では、この点を念頭に各国と交渉する必要があると、海洋問題の研究者である著者は強調しつつ、海の利用から隣国との関係改善の糸口を探る。

じっぴコンパクト新書 800円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。