北朝鮮のリアル チョ・ユニョン著

北朝鮮のリアル チョ・ユニョン著

北朝鮮社会の内実に迫る最有力の手掛かりは脱北者の証言である。著者は北朝鮮学の修士課程を終え、亡命幹部・ファンジャンヨブの秘書を務めた後、脱北者や中朝国境での取材を続けてきた。客観性の担保に腐心しつつ、多様な切り口から知られざる実態を明らかにしようとした狙いはほぼ成功している。人々の生活、自由市場や密貿易など経済を支える仕組み、情報の入手方法、脱北者の複雑な思い、中韓両国とのかかわりなど多くの貴重な情報がある。

自由市場が形成されていく過程、売るものの発掘、ケータイでの商品情報の交換、随所に生まれる商魂など、経済難から工場を捨て家庭を出て生計を成立させる女性たちのたくましさには圧倒される。こうした社会や住民の変化をしっかり見極めることは、北への対応を誤らせない前提となろう。韓流ドラマや流行歌、外貨や外国物資の浸透ぶりも想像を超えるものがあり、北朝鮮の真実を知る格好の書に仕上がっている。(純)

東洋経済新報社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。