増殖する「リア充なのにオタク」たちの実態

スクールカーストの上位にランク?

事例2:都内の4年生大学に通うBくん(19歳)
画像を拡大
Bくんの同人誌コレクション

都内の4年制大学に通う大学1年生のBくんは現在、学生業の傍ら俳優としても仕事をしている。外交的な性格から幅広い交友関係を持ち、大学でも友人に囲まれ話題の中心にいることが多い。

過去には映画イベントの舞台監督をし、イベントスタッフ総勢100人をまとめる立場にもあった。休日には彼女と表参道に服を買いに行くこともある。学業と仕事を両立させ、彼女との時間も大切にする、キラキラの「リア充」だ。

しかしBくんはかなりのオタクでもある。中学3年生のころからアニメにはまり、現在は週に30本程度の作品をチェック。Bくんいわく「アニメを見ない生活は考えられない」そうだ。

出費もかなりの額にのぼる。毎年2回行われる同人誌展示即売会「コミックマーケット(コミケ)」には、中学3年生の冬から欠かさず参加。好きなアニメの同人誌、設定資料集や抱きまくらカバーなどを購入し、1回あたりの消費金額は10万円を超える。

また、彼はアニメのイベント時、サイリウムと呼ばれるケミカルライトを使用するが、1回のイベントでなんと50本のサイリウムを使うというから驚きだ。アニメ関連の消費は、平均すると月に5万円程度、中学3年生から大学1年現在まで累計すると200万円を軽く超すという。

好きなアニメの舞台となった場所へ実際に訪れる「聖地巡礼」もBくんのお気に入り。現地では、作中でキャラクターが食べていたものと同じものを食べる。作品に抱く愛の強さが伝わるエピソードだ。

「リア充オタク」はなぜ増えているのか?

彼らがオタクでありながら、その生活や交友関係の在り方は華やかで、「リア充」と呼ばれるにふさわしいことをおわかりいただけただろうか。現代の「オタク」は、必ずしも、これまでメディアで報じられてきたイメージ一辺倒ではないのである。

ではなぜ、リア充オタクが増えているのだろうか。それには主に3つの理由が考えられる。

次ページリア充オタクが増えた理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT