超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

美術館も存在感を示さなければ生き残っていけない時代を迎えている。生き残りのためには何より「集客」が大きな課題だ。

入りにくいと思われがちな日本の美術館にいかに人を呼び込むか。カナダや米国の美術館でキャリアを積み、大阪市立美術館などを経て現在は兵庫県立美術館長を務める著者が、就任以来、入場者を増やすために実践してきた自身のさまざまなアイデアやノウハウを明かす。加えて、驚異的な集客力を持つ世界の有名美術館をはじめ、小さいながらも定評があり人気を集める美術館なども紹介する。

時代と環境の変化の中で日本の美術館はどうあるべきか、美術館の社会的な役割や価値を問いかける。

角川oneテーマ21 820円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。