超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

美術館も存在感を示さなければ生き残っていけない時代を迎えている。生き残りのためには何より「集客」が大きな課題だ。

入りにくいと思われがちな日本の美術館にいかに人を呼び込むか。カナダや米国の美術館でキャリアを積み、大阪市立美術館などを経て現在は兵庫県立美術館長を務める著者が、就任以来、入場者を増やすために実践してきた自身のさまざまなアイデアやノウハウを明かす。加えて、驚異的な集客力を持つ世界の有名美術館をはじめ、小さいながらも定評があり人気を集める美術館なども紹介する。

時代と環境の変化の中で日本の美術館はどうあるべきか、美術館の社会的な役割や価値を問いかける。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT