超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

超〈集客力〉革命 人気美術館が知っているお客の呼び方 蓑 豊著

美術館も存在感を示さなければ生き残っていけない時代を迎えている。生き残りのためには何より「集客」が大きな課題だ。

入りにくいと思われがちな日本の美術館にいかに人を呼び込むか。カナダや米国の美術館でキャリアを積み、大阪市立美術館などを経て現在は兵庫県立美術館長を務める著者が、就任以来、入場者を増やすために実践してきた自身のさまざまなアイデアやノウハウを明かす。加えて、驚異的な集客力を持つ世界の有名美術館をはじめ、小さいながらも定評があり人気を集める美術館なども紹介する。

時代と環境の変化の中で日本の美術館はどうあるべきか、美術館の社会的な役割や価値を問いかける。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。