次に来る自然災害 地震・噴火・異常気象 鎌田浩毅著

次に来る自然災害 地震・噴火・異常気象 鎌田浩毅著

火山学・地球科学の専門家である著者は、3・11を契機に日本列島は地震と火山の活動期「大地変動の時代」に突入した、と判断する。そして、今後起こりうる可能性の高い大災害として、東日本大震災の「余震」、首都圏直撃のおそれもある「直下型地震」、富士山を含めた「活火山の噴火」、そして地震と津波の複合災害をもたらす「西日本大震災」の四つを挙げて警告する。

自然災害に対して「自分の身は自分で守る」を基本に、どう対処すればいいのかという“災害リテラシー”の必要性を力説。「津波の前に必ず潮が引く」「何月何日に大地震が起きる」といったピンポイントの予測に科学的根拠はないなど、地球科学の最新の成果に基づいて解説している。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。