次に来る自然災害 地震・噴火・異常気象 鎌田浩毅著

次に来る自然災害 地震・噴火・異常気象 鎌田浩毅著

火山学・地球科学の専門家である著者は、3・11を契機に日本列島は地震と火山の活動期「大地変動の時代」に突入した、と判断する。そして、今後起こりうる可能性の高い大災害として、東日本大震災の「余震」、首都圏直撃のおそれもある「直下型地震」、富士山を含めた「活火山の噴火」、そして地震と津波の複合災害をもたらす「西日本大震災」の四つを挙げて警告する。

自然災害に対して「自分の身は自分で守る」を基本に、どう対処すればいいのかという“災害リテラシー”の必要性を力説。「津波の前に必ず潮が引く」「何月何日に大地震が起きる」といったピンポイントの予測に科学的根拠はないなど、地球科学の最新の成果に基づいて解説している。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT