「医療クライシス」を超えて 近藤克則著

「医療クライシス」を超えて 近藤克則著

医療危機が指摘されて久しい。「医療再生」を掲げた民主党への政権交代後も実効性のある対策が講じられないまま、現在に至っている。「第三の道」を旗印に、財源の拡充を通じて医療の質向上に取り組んできた英国とは対照的だ。

なぜ、英国にでき、日本ではできないのか。著者は財政再建や経済効率など異なる価値を重視する人々に医療費拡充(=負担増)の必要性を理解してもらうためには、医療界が自らの全体像を「見える化」し、医療行為や支出についての「説明責任」を果たすことが重要だと考える。

そのため英国に倣った、日本版NSF(National Service Framework)の策定を提唱する。これは医療・福祉全体および個別分野ごとに現状の評価に基づいて課題を抽出し、10年後の数値目標と5年後の中間目標を定めるという戦略大綱だ。そのうえで財源のあり方も含めて、社会的合意を得るべきだとしている。的を射た議論の書だ。

医学書院 2940円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。