文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

著者はクリティカル・リーディングを「テキストに含まれる論証部分を取り出し、それぞれの根拠や主張・結論を見定め、論証間の関係を検討したうえで、テキストに対して自ら新しい疑問を発する読み方」と定義する。そこでポイントとなるのが「論証」という技術であり、このスキルこそ現代社会に必要とされるものであると強調。こうした作業を通して、日本の国語教育ではなかなか身に付かない「推論する力」や「批判的思考力」を養うことができると指摘する。

評論から新聞記事までを素材に、思考がどう論理的に表現されているかを解説。論証の基本構造を明らかにし、レトリックに惑わされずに本質を見抜く方法を伝授する。

NHK出版新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT