文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

著者はクリティカル・リーディングを「テキストに含まれる論証部分を取り出し、それぞれの根拠や主張・結論を見定め、論証間の関係を検討したうえで、テキストに対して自ら新しい疑問を発する読み方」と定義する。そこでポイントとなるのが「論証」という技術であり、このスキルこそ現代社会に必要とされるものであると強調。こうした作業を通して、日本の国語教育ではなかなか身に付かない「推論する力」や「批判的思考力」を養うことができると指摘する。

評論から新聞記事までを素材に、思考がどう論理的に表現されているかを解説。論証の基本構造を明らかにし、レトリックに惑わされずに本質を見抜く方法を伝授する。

NHK出版新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。