文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 福澤一吉著

著者はクリティカル・リーディングを「テキストに含まれる論証部分を取り出し、それぞれの根拠や主張・結論を見定め、論証間の関係を検討したうえで、テキストに対して自ら新しい疑問を発する読み方」と定義する。そこでポイントとなるのが「論証」という技術であり、このスキルこそ現代社会に必要とされるものであると強調。こうした作業を通して、日本の国語教育ではなかなか身に付かない「推論する力」や「批判的思考力」を養うことができると指摘する。

評論から新聞記事までを素材に、思考がどう論理的に表現されているかを解説。論証の基本構造を明らかにし、レトリックに惑わされずに本質を見抜く方法を伝授する。

NHK出版新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。