陰謀史観 秦郁彦著

陰謀史観 秦郁彦著

著者は「陰謀史観」の定義を「特定の個人ないし組織による秘密謀議で合意された筋書の通りに歴史は進行したし、進行するだろうと信じる見方」とする。本書掲載の検証対象の史観は、(1)「ひそかに」「はかりごと」「体系的」の3条件を満たし、(2)昭和期を中心とする日本近代史の流れに繰り返し出没して、定説ないし通説の修正を迫り、(3)それなりの信奉者を集め、影響力を発揮しているものだ。

具体的には、明治維新、日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第2次世界大戦、東京裁判や占領政策にまつわるもの、またナチス、コミンテルン、CIAの諜報やフリーメーソンと日本の関係も解明を進める。誰が歴史を歪めるのか。第一人者が迫る。

新潮新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。