陰謀史観 秦郁彦著

陰謀史観 秦郁彦著

著者は「陰謀史観」の定義を「特定の個人ないし組織による秘密謀議で合意された筋書の通りに歴史は進行したし、進行するだろうと信じる見方」とする。本書掲載の検証対象の史観は、(1)「ひそかに」「はかりごと」「体系的」の3条件を満たし、(2)昭和期を中心とする日本近代史の流れに繰り返し出没して、定説ないし通説の修正を迫り、(3)それなりの信奉者を集め、影響力を発揮しているものだ。

具体的には、明治維新、日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第2次世界大戦、東京裁判や占領政策にまつわるもの、またナチス、コミンテルン、CIAの諜報やフリーメーソンと日本の関係も解明を進める。誰が歴史を歪めるのか。第一人者が迫る。

新潮新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。