陰謀史観 秦郁彦著

陰謀史観 秦郁彦著

著者は「陰謀史観」の定義を「特定の個人ないし組織による秘密謀議で合意された筋書の通りに歴史は進行したし、進行するだろうと信じる見方」とする。本書掲載の検証対象の史観は、(1)「ひそかに」「はかりごと」「体系的」の3条件を満たし、(2)昭和期を中心とする日本近代史の流れに繰り返し出没して、定説ないし通説の修正を迫り、(3)それなりの信奉者を集め、影響力を発揮しているものだ。

具体的には、明治維新、日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第2次世界大戦、東京裁判や占領政策にまつわるもの、またナチス、コミンテルン、CIAの諜報やフリーメーソンと日本の関係も解明を進める。誰が歴史を歪めるのか。第一人者が迫る。

新潮新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT