「女子力」は、アジア全域で巨大市場を生む

9カ国の亜女子に聞いた、恋愛・交友最新事情

「お洒落の話、美容の話、恋の話。やはり、男性をはずした女子だけの世界のほうがよりリラックスできて、思う存分盛り上がり楽しめます」(上海・ジンクンさん)。

「彼への不満の話や悪口などは、女子会じゃないとできません」(ヤンゴン・タッタさん)。ちなみに、ミャンマーでは、女子会のことを「アミョータミーミャートェソプェ」というらしい。

女子会への憧れを語る亜女子も。「フィリピンでは、女子だけを意識した会という形では集まりません。基本男子がいても気兼ねなく過ごせるので。でも、女子会ってすごく楽しそう。女の子にしかできないこととか、かわいいものに囲まれてとか、フィリピンでもそういうものが広まってくれたらいいなと思います」(マニラ・ネリサさん)

「女子会ビジネス」はまだ発展途上?

オープンな亜女子たちは日本以上に女子であることを楽しんでいる印象だが、各国とも一部のバーやレストランでのちょっとしたサービスを除いて、「女子会プラン」や「女子限定」をウリにしているものはないよう。

「わざわざ女性にフォーカスする、そういう発想があまりないかな。そういうものがあればぜひ利用したいけど」(上海・夢さん)。ここには大きなビジネスチャンスがあるかもしれない。

仕事も恋も積極的で情熱的な彼女たち、日本とは違った意味で「女子力」を内外から磨き、さらに「女子」であることを謳歌していきそうである。今後も亜女子から目が離せない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT