海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

2008年3月期、カルビーの営業利益率はわずか1.4%。国内のスナック菓子で4割超のシェアを持ちながら、なぜこれほど利益率が低いのか。世界に目を向ければ、食品業界は利益率が高い産業で、営業利益率10%を超える企業も多い。日本だけは不思議な国で、販売単価は高いのに、食品メーカーは全然儲かっていない。

私はまず、コストリダクションを社員に理解させることから始めた。カルビーの社員はすなおで理解は進んできた。ただ、納得して行動するにはまだ時間を要する。

今後の海外展開において、特に大事なのは3つ。まずはコスト。現地の顧客が買ってくれる価格を知り、そこから利益を引いたコストで製造するという考え方が不可欠。作ったものに利益を上乗せして売ろうと思っても、売れるわけがない。食の安全・安心や味は絶対に犠牲にできないが、パッケージなどでは妥協もしていく。

2番目は提携するパートナー。世界中に単独で出掛けていき、すぐに成功する力はカルビーにはまだない。カルビーの強みは、商品開発力と製造技術。パートナーには、現地の小売りの棚を確保する販売力、売れ筋商品とその価格を見定めるマーケティング力を求めたい。M&Aも視野に入れてはいるが、魅力ある会社は総じて高い。買収後の経営に失敗し、巨額ののれんの減損を迫られるというシナリオは避けたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。