海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

2008年3月期、カルビーの営業利益率はわずか1.4%。国内のスナック菓子で4割超のシェアを持ちながら、なぜこれほど利益率が低いのか。世界に目を向ければ、食品業界は利益率が高い産業で、営業利益率10%を超える企業も多い。日本だけは不思議な国で、販売単価は高いのに、食品メーカーは全然儲かっていない。

私はまず、コストリダクションを社員に理解させることから始めた。カルビーの社員はすなおで理解は進んできた。ただ、納得して行動するにはまだ時間を要する。

今後の海外展開において、特に大事なのは3つ。まずはコスト。現地の顧客が買ってくれる価格を知り、そこから利益を引いたコストで製造するという考え方が不可欠。作ったものに利益を上乗せして売ろうと思っても、売れるわけがない。食の安全・安心や味は絶対に犠牲にできないが、パッケージなどでは妥協もしていく。

2番目は提携するパートナー。世界中に単独で出掛けていき、すぐに成功する力はカルビーにはまだない。カルビーの強みは、商品開発力と製造技術。パートナーには、現地の小売りの棚を確保する販売力、売れ筋商品とその価格を見定めるマーケティング力を求めたい。M&Aも視野に入れてはいるが、魅力ある会社は総じて高い。買収後の経営に失敗し、巨額ののれんの減損を迫られるというシナリオは避けたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT