荒波の中稼ぐ液晶部材、強さの源は「寡占力」

部材メーカーの好況は今後も続くのか

高収益を謳歌する部材メーカーだが、今後も利益率を保てるかどうかは不透明だ。

旭硝子は、近年のガラス基板の価格下落によって、かつて40%を誇った部門利益率が12%台に落ち込んだ。今年は価格が落ち着きつつあるものの、まだ予断を許さない。京東方科技集団などの中国パネルメーカーが増産を重ねた結果、テレビ向けの大型パネルが供給過剰ぎみだからだ。メーカーの在庫調整次第で、さらなる市況悪化の可能性も出てくる。

抜けられない、アップルリスク

中小型液晶分野では、ぬぐえないリスクもある。米アップルへの依存だ。モバイル機器の分解調査を行うフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの柏尾南壮氏は、「アップルはハイエンドの液晶部材を特注するため、メーカーは高い価格で売ることができる。対して、中国メーカーのスマホは、既製品を安く使う傾向がある。アップルが停滞すれば、部材メーカーも途端に苦しくなる」と分析する。

最大のリスクは部材自体が不要になることだ。たとえば、タッチパネルは液晶に内蔵するインセル方式が普及しつつあり、フィルム方式と主導権争いをしている。自然光を反射させて液晶を映す反射式液晶や、有機化合物を発光させる有機ELの開発も進むなど、これらの普及で不要になってしまう部材もある。

高収益を享受する部材メーカーも、技術優位性が一度失われれば、容赦ない価格下落にさらされ、果てはほかの技術に代替される。牙城を守り抜くためには、今後も絶え間ない技術開発が必須だ。

「週刊東洋経済」2015年11月7日号<2日発売>「核心リポート06」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。