アベノミクス2.0の方向転換は正しい決断だ

金融政策の比重は低下、長期課題にシフト

真面目な話、潜在成長力がゼロ近傍まで低下した経済においては、マイナス成長に慌てるべきではない。むしろ黒田日銀は、「生鮮食品とエネルギーを除いた物価上昇率」が1%を超えていることに手応えを感じている様子である。よって今日の追加緩和はナシ、と予測しておこう。

さて、ここから先は競馬ファン限定のコーナーとなる。

皆さま、先週の菊花賞はご覧になりましたよね。いや、しびれましたな。どの馬も全力を出し切っていて、まったく脚を余してはいない。その結果がキタサンブラックという意外な結末で、馬主の北島サブちゃんが♪祭りだ、まつりだ~♪と唄ってくれた。馬券は取れなくとも、こういう真剣勝負が見られるのであれば文句は言うまい。今週末の天皇賞(秋)も同様な好レースを期待したい。

わざわざ秋天を目指す牝馬に賭けたい

ところでこの「秋天」、11年はトーセンジョーダン、12年はエイシンフラッシュ、13年はジャスタウェイ、14年はスピルバーグと、単勝オッズ10倍以上の勝利が続いている。伝統ある一戦といえどもボラティリティは高いのだ。ゆえに選び方も一工夫が必要だ。

この夏に大ブレイクしたラブリーデイが持っていくとか、エイシンヒカリがサイレンススズカのような逃げを見せるとか、イスラボニータが昨年の雪辱を果たすとか、そういう単純なストーリーにはならないと考えたい。

ズバリ筆者がそそられているのはショウナンパンドラだ。秋天、意外と牝馬は強い。2005年はヘヴンリーロマンス、2008年はウオツカ、2010年はブエナビスタが勝っている。過去10年で出走したのべ174頭中、牝馬はわずかに16頭。ところが過去10戦中3勝もしているのだ。この時期、普通ならエリザベス女王杯に回るところ、わざわざ秋天を目指してくる牝馬には、陣営に十分な勝算があると見るべきではないか。

ということで、今週末は「秋天は5年周期で牝馬が来ちゃう」説に賭けてみたい。池添謙一騎手の興奮した声が今から聞こえるような気がするぞ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。