「工場萌え」と「モーターショー」の意外な接点

トヨタ「KIKAI」に見る、クルマの未来とは?

ホンダ「WANDER-WALKER」。自由に角度が変わるオムニホイールが組み込まれている

ワンダーウォーカーと名づけられた本田技研の提案は、ジョイント部にベアリングを組み込むことで、あらゆる方向に瞬時に向きが変えられる同社開発のオムニホイールを活用したものだ。サイズはコンパクトなので駅の自動改札も通れるし、オムニホイールのため真横の移動も可能なのだそうだ。

ダイハツ工業は今回、Nori-Oriという車高を自動で下げる、いわゆるニールダウンして路面とほぼツライチになる乗用車を提案しているが、僕たちが高齢者になる社会でこの2つの組み合わせは必須になるかもしれない。

ドイツの自動車ショーとは対照的の東京モーターショー

ダイハツが提案するマルチユースコミューター「Nori-Ori」。路面との段差がほぼゼロになる

ドイツはフランクフルトでの自動車ショーでは、欧州委員会による2020年のCO2排出量規制を前にして、プラグインハイブリッドや電気自動車のコンセプトモデルが多かったが、東京モーターショーは対照的といえるかもしれない。会場の規模も違い、ドイツのような派手さもない。しかし、実はよく見ると、日本が抱えている、若い世代による市場形成への取り組みや、高齢化社会への対応策が提案されている。

そのため僕は東京モーターショーに「GO」を進呈する。未来を考えながら、クルマの原点に立ち戻るようなコンセプトを評価したいからだ。まさにバック・トゥ・ザ・フューチャーだと思う。夕方からだと入場料が一段と安くなる設定にもなっているので、ビジネスマンの読者のみなさんも、会場の東京ビッグサイトまで足を運んでみるといいと思う。

(文:小川フミオ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。