星野リゾート、1泊10万円の東京旅館に描く夢

「星のや」が、あのリッツを超える日は来るか

今回「星のや東京」で狙うのは、2つの事業性の検証だ。まず、都市部から消えていった日本旅館というスタイルが、今の東京というマーケットでちゃんと顧客に支持されるかということ。そして、日本旅館は投資案件として、海外の高級ホテル並みの収益性を上げられるかという点だ。

星野氏は大手町旅館の先に、海外展開を見据えている。「リッツ・カールトンやマンダリンオリエンタルが運営するより、(日本旅館が高い投資)リターンが出すことができれば、パリやロンドン、サンフランシスコに行けるチャンスがくる」(星野氏)。

すでに「星のや軽井沢」や「星のや京都」などは一部の施設はGOP(償却費を除いた営業粗利率)で20%を超えており、外資の高級ホテル並みの利益水準を叩き出している。

海外の高級ホテルは利益率2ケタ

都心の⽇本旅館というスタイルで、世界の⾼級ホテルに戦いを挑む

ただ、たとえば香港にあるマンダリンオリエンタルは2014年度の売上高が815億円、営業利益率は17%に達している。一方、同年の星野リゾートの売上高は250億円、経常利益率は5%程度だ。

「まずは(東京という)都市で成功すること。都市で成功することをやらずして、海外では通用しない。その意味で『星のや東京』は、われわれにとってゴールではなく、海外に出て行くためのスタートラインだと考えている」(星野氏)。

「星のや東京」が失敗すれば、その後の海外展開は画餅となる。30年近く前、目の当たりにした失敗を踏まえて、世界に通用する”日本らしさ”をアピールすることができるか。星野氏にとっても大きな挑戦となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。