愛用者が語る、「絶妙ファブレット」の選び方

「ポスト・ズルトラ」には、どの製品がベスト?

当記事は小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年10月9日 Vol.053 <コンセプトは1日にしてならず号>よりお送りします(写真 : Graphs / PIXTA)

スマートフォン、タブレットと来て、その次はファブレットだなんて言われていたが、どうなんだろう。電車の中を見回してみても、あまり使っている人を見かけない。

ファブレットとは、スマートフォンとタブレットの間を埋めるものとして、だいたい5〜7インチぐらいのスマートフォンを指す。したがってiPhone 6/6s Plusあたりが、ファブレットの代表格と言えるだろう。

先日もレビューのためにiPhone 6s Plusをお借りして試したが、5.5インチというサイズは大きめではあるものの、十分かと言われるとそれほどでもない。何に対して十分かというと、老眼に対してである悪かったなジジイで。

「ズルトラ」は何が優れていた?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

実はこれまでファブレットとして、ソニーのXperia Z Ultra、通用「ズルトラ」を愛用してきた。6.4インチと、かなり大型のファブレットである。

購入したのは昨年の暮れで、CES取材の時にSIMフリー端末のモバイルルータとして使うつもりだった。だが日常的に使ってみると、これがなかなかいい。7インチまで行ってしまうと、もはやNexus7に代表される小型タブレットと変わらないわけだが、この0.6インチの差が絶妙に片手で持って負担のない幅で、ちょうどよかったんである。

メインの用途は、ニュースチェックだ。朝と寝る前、それから移動時間に気になるニュースをEvernoteにクリッピングしていく。その結果が本メルマガのニュースクリップになっていくわけだ。防水防滴仕様ということで、Netflixなどの動画サービスのレビューでは、お風呂の中でチェックしたりした。

ワールドワイドモデルなのでOSのアップデートもそこそこ早く、パフォーマンス的にも問題なかった。だが、1年間本当に毎日ガチで使うと、ハードウェア的にガタがくる。まずUSB端子のフタがダメになって、開け閉めができなくなった。空いたままだと防水にならないので、フタを閉じたままではめ殺しにするしかない。幸いXperiaシリーズは側面に接触型の充電端子があるため、新たに充電端子アダプタを購入して使っていた。

だがこっちの端子も次第にダメになっていった。接触型充電端子は磁石でくっつくのだが、ある時ケーブル側の磁石に、端子がくっついたままパーツが外れてしまった。中を見ると両面テープで止めてあるだけで、端子を外す時に磁石で引っ張ると、その力に負けて抜けてしまったのである。

次ページようやく見つけた唯一の選択肢
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT