iPhoneを海外旅行で安く賢く便利に使う方法

1日980円で使えるプランもある

海外でのデータ通信料を節約する方法を紹介する(筆者撮影)

ゴールデンウイークを控え、海外旅行に行く計画を立てている人もいるはずだ。長期休暇に限らず、仕事で海外に行き、頻繁にiPhoneを使う読者もいるだろう。そのようなときに役立つのが、国際ローミングだ。当然ながらiPhoneも国際ローミングに対応しており、渡航先に降り立った瞬間に、電源を入れれば、現地のネットワークにつながる。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っていれば、この時点でSMSが届き、国際ローミングが可能であることがお知らせされる。あとは、「設定」から「モバイルインターネット」を開き、「通信のオプション」から「データローミング」をオンにすればいい。これで、各社の料金が適用されたデータローミングができる。

ただし、日本での通信以上に、国際ローミングのデータ通信料は割高になる。3社とも、2段階制の定額プランを導入しているものの、その上限は日本時間を基準にして1日2980円。2段階制にはなっているが、約1.2MBで1980円になり、その後、約25MBで上限に達する。メールやLINEなどのメッセージをやり取りする分にはいいかもしれないが、地図やウェブサイトを見ると、すぐに上限に達してしまうのだ。

10日使うとそれだけで約3万円にもなるため、利用を躊躇している人もいるだろう。この3万円を節約できれば、おいしいものを食べたり、お土産を買ったりもできる。そこで今回は、海外旅行や海外出張で役立つ、料金を抑えるための裏技を紹介していこう。

1.「24時間980円」のサービスを利用する

この連載の一覧はこちら

2段階制のデータプランを使うと料金は割高になってしまうが、実はドコモとauは、24時間980円で使える国際ローミングのプランを用意している。ドコモは「海外1dayパケ」、auは「世界データ定額」という名称で、これを使うだけで、データローミングの料金は約3分の1に抑えることができる。

ただし、制約もあり、ドコモの海外1dayパケは、1日30MBまでで以降のデータ通信は速度が大幅に制限される。Twitterなどの文字情報は見られるが、画像などがあるとほぼ表示できないと考えていいだろう。980円で使えるのは、主にアジアの国や地域が中心で、欧米など、日本から距離が離れている国は1280円、1580円という料金が設定されている。

次ページ980円で使えるエリアは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT