アドビの新事業育成メソッドが秀逸だった 日本企業も学べるKickboxという仕組み

印刷
A
A

アドビシステムズが社内でイノベーションを続けるためにスタートさせたプロジェクト「Kickbox」は、ランドール氏が作った赤い箱だ。この中には、ランドール氏がそれまで経験してきたスタートアップでの経験を踏まえ、プロジェクトを成功に導くための道具が入っている。

ランドール氏は、ビデオのハードウエア、ソフトウエアのスタートアップを何社も経験してきた「ビデオ畑」のキャリアを持つ。2001年に創業したSerious Magic社は、2006年にアドビシステムズに買収され、ランドール氏もアドビに移ってきた。同氏は、自分は失敗がうまいことに気づき、アドビ社内では誰もやってこなかった、「発展のために失敗から学ぶ」ことを伝えたかったという。

「私たちは、社内に『失敗してもよい』という環境を作りたかった。それまでは失敗を許してくれないのではないか、と言われていた。成功することはよいことだが、革新的なことでないから成功する、という側面もある。本当に革新的なことは、失敗する。そうしながらよくなっていく。そのため、うまい失敗の仕方を伝える必要がある」

社員の隠れた才能を生かすのが「Kickbox」だ。Kickboxを使い始める際に2日間のワークショップを受ける必要があるが、すでに1300人のアドビ社員がKickboxを使っているという。

赤いKickboxの中身とは?

ランドール氏が、うまい失敗のための道具として揃えた赤い箱の中身は、何が入っているのだろうか。

「まずは砂糖(チョコレート)、そしてカフェイン(スターバックスのギフトカード)。これらは考えるために重要な食品の要素だ。イノベーションを起こすための説明書、その他の資料、そして1000ドルのプリペイドクレジットカードだ」

1000ドルは、リサーチやプロトタイピングのための資金だという。この中身を提案した際、財務部から猛烈な反対に遭ったそうだ。1000ドルの資金を無駄にしてしまうかもしれない、盗む人がいたらどうする?と言われたそうだが、ランドール氏はこう反論したそうだ。

次ページランドール氏の反論とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT