アップルが「年商2000億ドル」を目指す新事業

ティム・クックCEOが未来戦略を大胆に語った

Box CEOのアーロン・レヴィ氏が聞き手となって行われたティム・クック氏とのセッション。アップルは、エンタープライズ市場に取り組み始めたばかり、との立場を強調し、Boxなどとのパートナーシップを強調した

米国カリフォルニア州サンフランシスコで9月28日から開催されている、エンタープライズ向けクラウドサービスBoxの年次カンファレンス、「BoxWorks 15」に、アップルのCEO、ティム・クック氏が登壇した。Box CEOのアーロン・レヴィ氏との対談で、アップルのエンタープライズ市場への戦略強化について語った。

エンタープライズ分野の新参者

印象的だったのは、クック氏の姿勢として、「アップルはエンタープライズ市場にとっての新参者」であるという立場を強調し、幅広いパートナーとともにエンタープライズ市場のモバイル化による働き方の変革を浸透させていこう、という立場であったことだ。

Boxはカンファレンスの2日目に当たる29日のセッションでアップルとのパートナーシップをアピールしたが、翌日30日にはIBMとのパートナーシップ強化をアピールする。ご存じの通り、アップルとIBMは既にエンタープライズ分野での協業を行っている間柄だ。

また、昨年アップルのエンタープライズ分野の売り上げは250億ドルだったが、これを年間2000億ドルまで引き上げていきたいという考えであることもわかった。

それでは、対談での発言を振り返っていこう。

次ページアップルがエンタープライズを強化する理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT