アップルが「年商2000億ドル」を目指す新事業

ティム・クックCEOが未来戦略を大胆に語った

続いて、気候変動についてだが、あらゆるビジネスに影響を与えるとした上で、次のように取り組みを紹介した。

「我々は環境にも非常に注目しており、気候変動は事実であり、これを食い止めるべきだ。アップルは数年前に100%再生可能エネルギーへの移行ができると認識し、米国内については100%を既に達成している。サプライチェーンも含めて、100%再生可能エネルギーで運営することが目標だ。他のビジネスの誰にでもできることで、我々がやっていることをマネして欲しい領域の1つだ」(クック氏)。

Boxのモバイル戦略でも重要な位置に

Boxはエンタープライズ向けクラウドサービスを提供している。今回のカンファレンスで、ただ単にデータを蓄積するだけではなく、クラウド上でよりリッチなコンテンツ表示を実現したり、大容量データを活用したクリエイティブ分野での活用、あるいは一般的なビジネスにおける表現力の豊かさを生かしたコラボレーションの促進などを実現するプラットホームへの進化を見据えている。

ティム・クック氏は新型iPhoneが発売3日間で1300万台を売り上げたことに触れ、新製品を持っている聴衆に謝辞を述べた

セキュリティを担保できるスマートフォンやタブレットを活用していきたい考えで、アップルはぴったりなパートナーだった。

クック氏は「1人2台のデバイスは持ちたくない」とセッションの中でも語っていたが、一方でエンタープライズ向けのスマートフォンもしくはタブレットが売れることは、BYOD(Bring your own device)に上乗せしたデバイス販売を見込むことができる。

マイクロソフトは難しいかもしれないが、アドビやBoxなどのビジネス分野に強い企業のアプリやサービスを、アップルデバイスで利用しやすい環境へ整えて行くことは、有効な施策となるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。