新型iPhone、今回のモデルは売れているのか

行列が消え、発売イベントは終始静かだった

午前8時、アップルストア表参道には40人が列を作った(撮影:大澤誠)

お祭り騒ぎだった昨年から一変し、今年はやや静かな発売日となった。9月25日はアップルの新機種、iPhone「6s」「6s Plus」の発売日。東京・渋谷区のアップルストア表参道でも、午前8時の発売開始に向けてカウントダウンが行われた。

「5、4、3、2、1、ゼロ!」。これと同時にユーザーがスタッフと笑顔でハイタッチし、ストア内に吸い込まれていく。毎年、そして全世界でおなじみの光景だ。

転売目的の外国人が消えた?

大粒の雨が降りしきる中、店頭に並んだのは40人。昨年は1300人以上が行列し、その列は表参道の交差点から青山通りの歩道沿いに伸び、最後尾は外苑前駅を超えていたほどだった。

ただ、今回、アップルは当日販売をせず、予約をしなければ商品を受け取れない仕組み(転売目的で並ぶアジア系外国人の影響を避けるため)としたため、行列も少数にとどまったようだ。

次ページ予約台数は多い?少ない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT