新型iPhone、今回のモデルは売れているのか

行列が消え、発売イベントは終始静かだった

前年のように金色のスティーブ・ジョブズなどのコスプレをしたユーザーの姿はなく、雨が降る中で立ち止まるやじ馬も少ない。やや盛り上がりに欠けるイベントとなった。

早速、今回の新色であるローズゴールド(ピンク色に近い)の「6s Plus」を手にした男性(38歳)は「(2011年発売の)4sからの乗り換えなので、やっぱり画面サイズが大きい。ローズゴールドもWebで見たときは派手だと思ったが、そうでもなかった」と満足気だった。

日本ではまだまだ圧倒的な人気

この日は携帯会社も発売イベントを実施した。こちらも雨のためにお祭り騒ぎとはいかなかったようだが、「予約は去年より2割程度多い」(NTTドコモ加藤薫社長)。「予約は好調だった昨年以上の台数。新規、MNP(他社からの乗り換え)は10%増加している」(KDDI田中孝司社長)などと各社トップからは好調を示唆する発言が飛び出している。新色のローズゴールドを中心に、予約状況は良好のようだ。

一番人気は新色のローズゴールド (撮影:大澤誠)

「端末が他社と差別化されていない」、「中国製端末のほうがコストパフォーマンスは高い」、「成熟期に達し、進化が止まりつつある」などと、毎年さまざまな指摘を受けるiPhoneだが、やはり日本での人気は圧倒的だ。中国メーカーを中心に国内外で多くの端末が誕生しているが、今回もiPhoneの牙城を崩すのは容易ではなさそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT